堺市役所で矯正歯科の医療費控除

堺市役所で矯正歯科の医療費控除とは

堺市役所で矯正歯科の医療費控除

堺市役所で矯正歯科の医療費控除

矯正歯科にかかったお金は確定申告で、医療費控除の申請を行ってください。

私の場合なら堺市民なので、堺市役所の税務課に2月16日〜3月15日の間に行きます。

医療費控除とは、前年の1月から12月の間に、本人、家族が支払った医療費が10万円を超える場合に還付されます。

矯正歯科の治療費だと確実に10万円は超えるわけですが、注意したいのが、治療期間も長いため治療費の支払いが年度を越えてしまうことです。

翌年度も10万円を超えれば問題ないのですが、途中で治療が終了して控除の対象外になることもあります。

そして、一番気になるのが矯正の場合、控除が認めれられる場合と、認められない場合があるという点です。

子供の成長のために行う不正咬合や、成人の場合、年齢や目的により変わります。

創美性、美容、予防の目的の場合は控除されない場合があるということです。

税務課で一度、認められなくても、担当医の診断書の内容で認められるケースもありますので、担当医に相談してみるのがよいです。

そして、治療に支払った金額の領収書と交通費の領収書は必ず残しておくようにしてください。

堺市の外科矯正歯科

矯正歯科の治療には、一般の歯科医院で治療できるものと、専門医院や口腔外科を有する病院で治療するものがあります。

簡単な抜歯を伴う矯正歯科治療は、歯科医院でできますが、下顎骨、上顎骨を削ったり、切除する場合は口腔外科の本格的な手術が必要となります。

堺市の場合だと堺市立の病院や、専門医院、大学病院などに限られてきます。

外科矯正では通常では困難な難しいケースも治療可能になり、大きな治療効果も期待できます。

また、治療期間が短くなる事に加え、矯正歯科の治療では唯一、保険が適用されます。

反面、手術は全身麻酔で行われるため、2〜3週間の入院が必要となる場合もあります。

矯正歯科は堺市が一番

術後の顔の腫れは、半年近く続く可能性があり、希に、輪郭の変形等がある恐れも伴う点がデメリットとなります。

この治療の場合は支払総額は保険外だと、通常の治療より高くなりますが、保険を対応することにより、50〜60万円で済むのが一般的とされています。

更に、保険対応の場合は、高額療養費制度の申請をすることにより、返還金がある事を知っておいてください。